12月1日(土)ネーブルカデナにて『ごちゃまぜフェスタ×mammy’sマーケット in ネーブルカデナ』を開催し、多くの皆さまに参加ご来場いただきました。

このイベントは『障害者週間』に伴うイベントで、世代を問わず広く地域のみなさまに参加していただき、障がい福祉について知る・考える機会として、町内の障がい福祉事業所から構成される「嘉手納町障がい福祉事業所連絡会」の主催で開催しています。

オープニングの琉球和太鼓「鼓衆サウンドオブミッション」

今回で3回目を迎え、mammy’sマーケットや株式会社タバタさんとのコラボ、また今回は嘉手納町老人クラブ連合会や、子育て支援センター・第二保育所にも参加いただき、さらなる「ごちゃまぜ」が実現したことで、子どもから大人まで幅広い世代に楽しんでもらえるイベントとなりました。

障がい事業所パネル展

町老人クラブ展示会

今回のメインイベントとなる『子育てゆんたく』では、子育て真っ最中のパパ・ママ4名による子育てトークが行われました。オープンカフェをイメージしたリラックスした雰囲気の中、来場者との対話も交えながらトークをしてもらいました。

「子育てをする中でも、自分を大切にする時間を作り、自分の事も満たしてあげることで、楽しい子育てに繋がる、子どもたちを守ることができる」

「虐待したいと思って虐待する親は一人もいない、余裕がないだけ。完璧な親をもとめるのでなく、いい意味で手抜きの子育てをすることも大切だと思う。」

「子どもに障害があると知った時、何でうちの子だけがという気持ちになった。周りと比べてしまうと、嫉妬などの感情がでてきてしまうが、そうでなはく、その子らしさを大切にしたらいいのだと思う」

飾らないありのままの4名の姿に、子育てのヒントがもらえたトークイベントとなりました。

多くの皆さまにご協力いただき、『ごちゃまぜフェスタ』を無事終えることができました。ありがとうございました!来年度も、楽しい企画で皆さまをお待ちしておりますので♪楽しみにしていてくださいね!(*^-^*)