『つながりCAFÉ ~つながりの大切さを感じてみませんか~』をテーマに、嘉手納町内で行われている取り組みについて 北区見守り隊、中央区自治会、青年会の3名の方にお話していただきます。
3名の報告を踏まえ、今後の地域での活動・つながりについて、菱沼幹男氏(日本社会事業大学社会福祉学部福祉計画学科准教授)よりお話ししていただきます。
CAFEのようなリラックスした雰囲気で、美味しい飲み物とお菓子を用意して、皆さんの参加をお待ちしております。


小地域福祉フォーラムチラシ

開催日

2018年11月10日(土)18:30~20:30(18:00受付開始)

会場

嘉手納町総合福祉センター4階大集会室

内容

【第1部】 “つながり”をつくる取り組みについて

普段のつながりから(北区見守り隊隊長 上間邦夫 氏)

見守り隊は現在、南区・東区・北区で立ち上がっています。
今回は、「笑顔で声かけ 手をつなぐ 北区見守りたい」をスローガンに、今年で活動3年目を迎える北区見守り隊の支え合い活動について紹介していただきます。

8年後を考えるつどいから(中央区自治会会長 知名勇 氏)

中央区では、”これからの中央区”について住民の皆さんと一緒に考えてきました。
『子どもからお年寄りまでがつながり・交流 そして戻って来れる中央区』を目指して、動き始めた取り組みを紹介していただきます。

知ることの大切さ(嘉手納町連合青年会会長:仲村龍也 氏)

地域活動に参加したことをキッカケに、これまで知らなかった地域の現状を知り、隣近所にどんな人が住んでいるのか関心を持つようになりました。
ご自身の経験から感じた”知ることの大切さ”についてお話していただきます。

ゆんたくタイム

美味しい飲み物やお菓子を食べながら、お話をきいて感じたことや思ったことをまわりの人とシェアしましょう♪

【第2部】 まとめ

日本社会事業大学 社会福祉学部 福祉計画学科 准教授 菱沼幹男 氏

『“つながり”をつくる取り組み』の紹介を踏まえて、今後の地域での活動・つながりについてお話していただく予定です。

《講師プロフィール》
専門は地域福祉、コミュニティソーシャルワーク。住民主体のまちづくりや地域で生活する人々を支える地域包括ケアシステムのあり方をテーマに全国で講演を行っています。

参加費

参加費&参加申し込みは不要ですので、どなたでも気軽にご参加ください。

問い合わせ先

社会福祉法人 嘉手納町社会福祉協議会(担当:新垣 苫米地)
TEL:098-956-1177
メールアドレス:shakyo@kadena-shakyo.or.jp