2010年度介護支援専門員実務研修受講試験
つまり、ケアマネの試験が今日わりましたね。
受験生のみなさんお疲れ様でした
今年の難易度はどうだったのでしょうか?
思い返せば、数年前(?)奇跡的に合格したことを思い出します。
その後、実際に約3年ほどケアマネ業務をしたこともありますが、
まったく頭から抜けてしまい、遠い過去の記憶でしかありませんが、、、
ただ変な話ですが、ケアマネをしていたとき、権利擁護について
あまり意識したことがありませんでした。(たぶん私くらいかな)
弁解的な言い方ですが、言葉として権利擁護を意識していなかったのだと思います。
しかしいま、関わるケースの中で、自分の判断、行動に移していることは、
権利擁護なのか?権利侵害なのか?自問自答することが多いのです。
そして未だにその答えは出ていないのです。
福祉の世界で働きだして約10年、恥ずかしながらこのレベルです。
ただポジティブ、特に考えることなく終わるより、良いかなと思うようにしています。
そんな個人的な話はさておき、2012年の介護保険制度改定について、現ケアマネさんそして今年合格する新人ケアマネさんも気になることでしょう!!
まさか2012年度の改正だから、まだまだ先の話ではないか!
などと思っているケアマネさんはいませんよね
もう国からは、地域包括ケア構想として新制度の骨格が示されていますね
(介護支援専門員の今後を左右する内容が見え隠れするような気がします)
ケアマネの皆さんは、どのようにこの中身を読み解いているのでしょうか?
ただどんなに制度が変わっても、どの分野でもケアマネジメントの手法は必要です。
今年合格するケアマネのみなさん、基本としっかり身につけて、走りながら考える介護保険制度に振り回されず、目の前のおじ~、おば~のために頑張ってください