皆さんご存知だと思いますが、東北地方太平洋沖で大地震が発生しました。被害に遭われた方々に、お見舞いを申し上げます。また、不幸にも多くの方が亡くなっているという情報も、心からご冥福を申し上げます。
私は仙台の大学に通っていました。テレビから聞こえてくる地名には、以前よく口にしていたものや、知人の住んでいるものも含まっています。
私に何が出来るのか?
この地震への支援として、日本財団CANPANプロジェクトが「民による民のための災害緊急支援基金」を立ち上げていますので、ご紹介します。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
観測史上最大規模の地震が発生し、続々と被害の深刻さと状況が伝わってきて
います。阪神淡路大震災時同様、被害の実態が見えてくるまでにはもうしばら
くの時間がかかるものと思われます。
今、私たちにできる支援の有効な一つは、これから間違いなく必要となる復興
に向けた資金的支援であろうとCANPANプロジェクトは考えます。
阪神淡路大震災時、行政の対応では必要な時に必要な資金的支援がされなかっ
たという苦い経験を私たちは知っています。
そこで、CANPANプロジェクトでは「民による民のための災害緊急支援基金」を
立ち上げました。
また、同じCANPANネットワークでつながっている被災地で活動される皆さまの
情報を集めた情報も提供を開始いたしました。
皆さまの力をぜひお貸しください。【転載大歓迎です】
※頂戴した寄付につきましては、日本財団CANPANプロジェクトホームページ上
で逐次、ご報告いたします。
■CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金について■
http://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
災害情報および救援等情報を掲載している方々のブログ集について
CANPANブログを中心として現地災害情報や救援情報を発信されている方々の
ブログをまとめています。
http://canpan.info/open/news/0000006466/news_detail.html
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
いろいろな支援の方法があると思います。
たとえ小さな支援であっても、その小さな支援が集まれば大きな支援になります。
自分なりの支援を、考え、行動に移していただけたら嬉しく思います。
被災された方々はもちろん、被災地にある社協職員のみなさん、大変つらい状況にあるとは思いますが、あきらめずにこれからも一歩ずつ、前を向いて歩いていっていただければと思います。
kuroko